AIRSKIP

新緑の季節にピッタリ!マクドナルドをどうぞ~

ごきげんいかがですか?

じんとうざんです。

新緑の季節ですね(^^♪

雨も多いかも知れませんが

エバーグリーンを感じさせるええ季節ですよね~(⌒▽⌒)

そういうときには

やっぱ音楽もエバーグリーンチックに参りましょうね~

というわけで、今日のエアスキップは

AORでの大御所

マイケル・マクドナルドをピックアップします。

ハスキーで深みのあるボーカルの持ち主なんですが

聴きようによれば、モコモコして暖かい感じがしますね~

今日はスティーリー・ダンの時代からドゥービー・ブラザーズ

ソロ・デュエット・バックボーカル・コラボ等 幅広く選曲してみました。

今回もSpotifyとYouTube

2タイプご用意しましたが、曲のバージョンに関しては

若干違うものにしています。

たっぷり聴いて頂き、さわやかさを味わってくださいまし

1.Bad Sneakers / Steely Dan

マイケル・マクドナルドと云えば

誰でも、ドゥービーのイメージが強いですが

スティーリー・ダンのメンバーでした。

スティーリー・ダンもAORの話題によく出てきますが

とにかく、洗練された隙がまったくないクリアなAORの王道ですね

実はマイケルがスティーリー・ダンに参加したのは

TOTOのジェフ・ポーカロの誘いがあったからなんですね~

1974年 二人揃ってメンバーに加入

アルバム「うそつきケイティ」にバックコーラスとして

参加しましたが、この一作のみで脱退・・・

マイケルはドゥービーへ ジェフはTOTOへと

進んだのでありました。

2.Peg / Steely Dan

1977年アルバム名作『Aja』の収録曲

実は、この曲のバックボーカルは

イーグルスのドン・ヘンリーを予定していたそうな・・・

ドン・ヘンリーであれば、

何か違うものが生まれるかもしれない・・・と思い

当初、ドン・ヘンリーとリンダ・ロンシュタットを呼ぼうとしたところ

リンダは体調不良で来れず・・・結局、代わりにニコレット・ラーソンが駆けつけてくれた・・・

スタジオに入り

ドナルド・フェイゲンが手とり足取り

二人に説明し、色々がんばってみたけど

なかなかうまく行かず

結局、ドン・ヘンリーとニコレット・ラーソンの

バックコーラスは不採用になり

結局、脱退したドゥービーのマイケル・マクドナルドを

お願いして、うまくいきました。

ちょっと、ドン・ヘンリーかわいそうですね~

でも、大人の対応で、よく頑張りましたね

3. Minute By Minute / The Doobie Brothers

マイケルがドゥービーに

加入した理由…

トム・ジョンストンが病気のため

単なる代役で入ったのですが

代役でも、なんかええ感じで

作曲もできて、これは使えるという事で

いつのまにやら、正式メンバーに…

復帰したトムは、居場所がなくなって

結局、脱退してしまいました〜

この曲は一番スティーリー・ダンらしい

ドゥービーサウンドかも

しれないですね・・・

ドゥービーをダメにした男…

そんな悪口を云われながらも

マイケルは着々と

ドゥービーのAOR化を

進めていくのでありました。

4.Takin’ It To The Streets / The Doobie Brothers

邦題がドゥービー・ストリート

いかにも、ドゥービーらしい

アメリカン・ロックなんですが

やっぱ、マイケルがソウルシャウターすれば

それは、ブルー・アイド・ソウルに変わりますね~

Youtubeでは、昨年、「Takin’ It to the Streets」の45周年を記念し、

新たなパフォーマンス映像バージョンで

お楽しみくださいまし・・・

5.What a Fool Believes / The Doobie Brothers

もはや説明不要の名曲。

この曲でドゥービーをグラミーアーティストまで

押しあげることができました。

意外に知られていないのが

ケニー・ロギンスとの共作ということ。

ケニー・ロギンスバージョンもリリースしましたが

全然、話題にもなりませんでした・・・

ケニー・ロギンスちとかわいそうですね~

Youtubeは2017年のスタジオライブをお届けしましょうね~

6.Heart to Heart / Kenny Loggins

ケニー・ロギンスとマイケル・マクドナルド

相性もよくて、次から次へと共作を出していきます。

この曲は、この黄金コンビにデヴィッド・フォスターも加わり

超豪華すぎる楽曲。

マイケルはバックボーカルでも参加しています。

更にサックスはデヴィッド・サンボーン・・・

本当にいたせりつくせりですね~

7.One Step Closer / The Doobie Brothers

1980年に出したドゥービー9作目のアルバムでしたが

案外不評なアルバムでしたね~

このあたりから、メンバー間も関係値がおかしくなり

解散の道をたどったのかもしれませんね~

でも、個人的にいいますと

こういうウェストコーストサウンド

なかなか真似できませんよ~笑)

マイケルのハモリも最高です!

8.I Keep Forgettin’ (Every Time You’re Near) / Michael Mcdonald

マイケル・マクドナルドのソロ作と云えば

やはりこれでしょう・・・

ドゥービーサウンドを変えた男・・・

そりゃあ、賛否両論ありましたが

ソロアルバムなので

なんの気兼ねすることなく

AOR色全開でグイグイと攻めていますね~

ウェストコーストサウンドの真髄!

今、聴いても、とてもさわやかですね~

9.Ride Like The Wind / Christpher Cross

80年代のAOR男と云えば、クリストファー・クロス

デビュー曲は風立ちぬ Ride Like The Wind

このあたりは80’s洋楽ファンであれば

誰でも知っているのですが

この曲のバックボーカルが、マイケル・マクドナルドだということは

あまり、知られていません。

あっ!と思われた方は動画でご確認くださいまし・・・

10.Yah Mo Be There / James Ingram and Michael McDonald

一世風靡したドゥービーも

残念ながら、1982年のフェアウェルツアーで解散。

マイケルもいよいよソロ活動に専念していきます。

ドゥービーではないマイケルに一番最初に

目をかけたのは、クインシー・ジョーンズ。

クインシーの秘蔵っ子 ジェームス・イングラムと

作曲家のロッド・テンパートンを招集し

この4人でYah Mo Be Thereを作りあげます。

で、やっぱヒットメーカーの業

この曲は見事に当たり、グラミー賞最優秀R&Bパフォーマンス賞を受賞しました。

マイケルはwhat a fool believesに続いて2度目

ジュームスもOnehundred Waysに続いて2度目

まさに棚からぼた餅2個でしたね~笑)

Youtube版は、4人での制作風景バージョンでお楽しみくださいまし。

11.Ever Changing Times / Aretha Franklin ft. Michael McDonald

バートバカラックのデュエットナンバーですね~

アレサより高いキーをファルセットでデュエットしている

マイケルですが

威風堂々としているところが

なんか肝っ玉が座っているようで、かっこいいですね~

90年代のおしゃれな感じがまたいけますね~

12. ‘Show You The Way / Thundercat feat. Michael McDonald & Kenny Loggins

サンダーキャスト ケニー・ロギンス マイケル・マクドナルド

この3人のコラボのきっかけは

ケニー・ロギンスの息子とマイケル・マクドナルドの娘が

サンダーキャストのファンで

それがきっかけで、実現したそうです 笑)

そんなヒョンとしたご縁って

大事ですね~

13.Find It In Your Heart / Michael McDonald feat. David Sanborn and Brian Owens

マイケル・マクドナルドも現在70歳。

頭もヒゲも真っ白になりましたが・・・

でも、声だけは衰えていませんね。

魂からしぼりとるような歌声は健在ですね~

素晴らしいですね~

Youtube版はデヴィッド・サンボーンとのセッションバージョンでお楽しみくださいまし。

14.Dreams of the San Joaquin / Michael McDonald  and Willie Nelson feat. David Hidalgo

この曲は、30年代から40年代にかけてのダストボウル

(米国の農業と家畜に大混乱をもたらした砂嵐)と世界大恐慌の時代に、

畑で働く労働者の物語を描いています。

マイケルもAORとは全然違う渋みがにじみでていますが

それ以上に、ウィリー・ネルソンのパフォーマンスが素晴らしいですね~

二人とも、かけがえのないアーティストです。

いつまでもお元気で・・・

15.What’s Going On / Michael McDonald

マイケル・マクドナルドのお父さんは、アマチュアシンガーだったそうで

そのお父さんの影響を受け、カントリーやR&Bに触れるようになったそうです。

高校時代から、地元バンドを結成して、音楽活動を開始しましたが

そのほとんどが、R&Bスタイルで

モータウンやスタックスなどのヒット曲をレパートリーにしていたようです。

やっぱ、マイケルにとって、モータウンって原点回帰なんですね~

マーヴィン・ゲイの名曲 What’s Going On

Youtube版は、ライブバージョンでお楽しみくださいまし。

16.You Belong To Me / Michael McDonald & Buika

ラストナンバーは先日

5月5日に配信になったばかりの新作

ドゥービー・ブラザーズ「You Belong To Me」の再創造版です。

ブイカさんとのかけあいデュエットしてますが

つややかな感じでめっちゃ

癒やされますね~

今日は、マイケル・マクドナルドのナンバーを

一挙にお届けしましたが

この季節、ちょっと憂鬱になったり

気分が落ち込んだりする季節なので

気分転換で良い音楽聴いて

リフレッシュしてくださいまし。

お相手じんとうざんでした。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CHRISTOPHER CROSS「南から来た男」
価格:4980円(税込、送料無料) (2022/5/21時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

輸入盤 DOOBIE BROTHERS / QUADIO BOX [4BLU-R…
価格:11396円(税込、送料別) (2022/5/21時点)